一般質問/小磯 利雄 議員

1.東日本大震災の記録Ⅲについて
・震災及び原発事故から戻り、これまでの町復興の中心にいたのは「町民」である。しかしながら記録Ⅲでは町長中心が見受けられ、そこで以下お聞き致します。
①この「謹呈」記録Ⅲの目的と、印刷部数・執行額をお知らせ下さい。
②復興最優先で協力した議会を始め、町内各種団体に対して配慮が無いように見受けられるが、見解を伺います。
③ 震災・原発事故から9年目、「帰町・復興記録」以上に、安心安全を前提とした町民目線での各防災計画の仕上げを優先すべきではありませんか。
2.地域を直視した制度設計について
・過日、箒平地区共聴組合が発足、3,500万円前後の事業費のもと、難視聴地域解消事業が終了したとお聞き致しました、大変嬉しいことであります、しかしその後の維持管理に莫大な費用が予測され、組合の存続にかかわる事が判明、そこで以下お聞き致します。
①箒平地区共聴組合と難視聴解消事業について詳細な説明を求めます。
②設置設備の維持管理はどなたの責任で行うのですか
③行政による支援をすべきと考えますがいかがですか。
3.令和2年度の予算編成について
・来年度予算編成の時期を迎え、国・町内外の情勢から、町民に寄り添った各重点事業の推進と行財政改革の歩みを、以下お聞き致します。
①月例経済報告から厳しい状況の中、町は来年度歳入見込みをどのように捉えていますか。
② 相次いでいる自然災害対応と復興関連等「重点事業」の取り組みはいかがですか。
③ 国・県・郡と町振興計画等の進捗と整合性について