一般質問/門馬 巧 議員

1.天然ガス火力発電事業誘致について
 このことについては、私が2018年7月27日に東電本店に於いて社長に対し天然ガスパイプラインが、北海道から日本海側を南下し仙台岩沼・相馬に至り現在ガス火力発電59万㎾2基を2020年春の運開目途に建設中であることから、当パイプラインを本町まで延伸し天然ガス火力発電事業計画について要請した経緯があります。ここに来て東電は、福島第2原子力発電所の廃炉を正式に決定発表した。この機を捉え、本町は東電の電源基地としての立場を揺るぎないものにするため、天然ガス火力発電事業の誘致に最大限の政治力を発揮することを期待し望むものですが、町長の考えを伺います。
2.町道(含む生活林道)の側溝に蓋を設置できないか
 本町の面積約59㎢の中に町道約88㎞林道約36㎞が整備されているが、山間部の町道及び日常的に生活道路として供用されている林道の側溝に落ち葉・枯れ枝等が堆積し、側溝本来の機能維持が阻害されている事がある。このような支障が発生する場所は定常的であるので、その現状を確認し必要と想われる場所を特定し年次計画で蓋を設置し良好な道路環境の維持を図ることができないか以下の2箇所について伺います。
1・雑木が林立している町道関山・土ヶ目木線の一部
2・林道ゆえ狭隘で側溝詰まりもあり車両の交差も容易でない林道長土線
3.避難指示地域から本町に移住している人達の対処について
 あの日から早くも9年目を迎えた今日、震災原発事故に由来し避難を余儀なくされている人達が、本町に住居を構え町内各所に住まわれていることは、行政として全て把握しているものと思いますが、このことについて以下に伺います。
1・令和元年8月末現在何世帯・何名か
2・上記該当世帯の出身自治体の把握は如何に      
3・住民登録の未登録状態はいつまで現状可能なのか
4・未登録状態でも行政区への加入は可能なのか
5・慣行選出で委嘱を受けた区長の権限で行政区への加入判断の可否は如何に